ダメ人間軟膏

もうほんとダメ人間('A`;)

RTC2019を観戦してきた

REALFORCE TYPING CHAMPIONSHIP 2019 というタイピングの大会を観戦してきた。
www.realforce.co.jp

夏頃に昨年の大会の様子を動画で見てこんな世界があるのかと衝撃を受けて今年は絶対に現地で観戦したいと思っていた。

タイピングの速さや正確性を競ったりそれをベースにしたゲームなど(タイピングオブザデッドとか激打とか歌謡タイピング劇場とか)は知ってたし遊んだこともあるけど、競技としてこういう大会があるということは知らなくて口をぽっかり開けてほえ〜って見入ってしまっていた。

今年も開催されるんかなーと思って告知されるのをずっと待ってて日々検索してたけど全然開催される様子がないw
ようやく10月末頃にサイトがオープンして詳細が発表された。現地での観戦も募集とのことだったの応募した。

当選発表の日に返信がこなくて落ちたか〜と思ったけど立ち見枠で現地観戦できることになったので現地で観戦してきた。

f:id:dameninngenn_owata:20191202173728p:plain

会場は池袋のストーリア。格ゲーのイベントとかもやったりしてたので存在は知ってたけど行くのは今回が始めて。
しかも今回はドリンクやフードが無料で提供されていて最高だった。

f:id:dameninngenn_owata:20191202173939p:plain
▲会場ではREALFORCE製品の展示も

f:id:dameninngenn_owata:20191202174032p:plain
▲キートップの展示も行われていた

f:id:dameninngenn_owata:20191202174149p:plain
▲対戦台

今年のルールは
f:id:dameninngenn_owata:20191202174802p:plain
こんな感じ。

このルールで一番の肝は正確性95%のとこで、いくら速度が速くても正確性が95%に達していなくてかつ相手の正確性が95%以上あった場合は先に10単語とったとしても勝ちにはならず相手の勝ちになってしまう。しかし相手の正確性も95%に達していなければ10単語とってしまえば勝ちとなる。
理想で言えば速くて正確であれば負けないけどどんな選手でも当然ミスはしてしまうのでそこの駆け引きがたくさんの試合で発生してめちゃくちゃおもしろかった。

例えば正確性93%ぐらいで9単語先に取って相手の正確性が95%を超えていた場合次の10単語目を先に取ってしまうと負けになってしまうので途中まで単語の入力をして最後の一文字だけ入力しないみたいなことをやる。当然相手が最後まで打ち切って相手に単語をとられてしまうけど途中まで入力することによって相手が10単語とるまでの間に正確性を95%まで回復を目指すことができる。95%まで回復して最後勝ち切ることもできるし逆に正確性が上がらず(むしろ落としてしまって)相手がゆっくりと正確性を保ちつつ入力して相手が勝つみたいなこともある。ゆっくり入力をしてもミスることがあるのでその瞬間相手の正確性が95%を割ってしまいその一瞬のスキを狙って10単語目を取って勝つというパターンも。言葉で説明するより実際に動画とか見てもらったほうがわかりやすいと思う。

当日の進行は

  • 当日予選
  • U-22本戦
  • 本戦

の順で行われた。

当日予選は抽選だったみたいで出たくても出れない人が何人かいたようだった。残念。
U-22本戦では小学生の選手もいてめちゃくちゃ強かった。末恐ろしいで。

本戦は全ての試合が本当にレベル高くて完全にヤムチャ目線だったw
試合が進む中で個人的に注目していたのは

  • 三連覇がかかったmiri選手
  • 2連続で準優勝だったmuller選手
  • 100%の正確性で10単語1000kpmの速度で打ち切ったo-ck選手
  • 過去大会に出場はしていないものの界隈で実力を認められているという話のhiroringo選手

またローマ字入力とかな入力の2通りの入力方法があってどちらを選択するかは自由。素人目線で考えると打鍵数の少ないかな入力が有利なのでは?って思ってたけどそういう単純な話ではないようだった。
今回のルールだと正確性が大事になってくるわけやけど、かな入力は入力文字数が少ないため一度のミスで正確性がローマ字入力よりも大きく落ちてしまう。また正確性を戻すのにも入力文字数が少ないため1単語で回復できる正確性が少ない。反対にローマ字入力は入力文字数が多いので比較的正確性の回復がしやすい。
また、かな入力に適していない文字列があって例えば「じぇじぇじぇ」って文字列はローマ字入力だと「jejeje」の6タイプでシンプルに済むけどかな入力だと「し」を入力してから濁点を入力して「じ」にして、シフトキーを押しながら「え」を打って「ぇ」にするというややこしい動作を3回繰り返さないといけない。
なのでメリットもデメリットもあってめちゃめちゃ有利というわけではない。分類するなら攻撃的なかな入力に対して安定したローマ字入力といったところかな。

そんな感じでかな入力vsローマ字入力の試合もめちゃくちゃ盛り上がった。
実況の人がこのあたりわかりやすく説明してくれたり実況自体もめちゃくちゃわかりやすくて本当に素晴らしかった。

使ってるキーボードも見てみるとおもしろくて本戦出場者の8割ぐらいがREALFORCEのキーボード使ってたように見えた。残り2割がHHKBとその他キーボードって感じやったかな。意外にもいわゆる自作キーボードで対戦してる人はいなかった。イメージとしてはカスタマイズしやすい分自作キーボードの人結構いそうと思ったけどそうでもないんやな。確かに最適化の話(単語によって同じキーでも右手で打ったり左手で打ったりと打ち分ける)とか聞くと分割もし辛いしキーボード自体は完成されたREALFORCEを使うのがいいのかもしれない。

そんなこんなでトーナメントも進んでグランドファイナルはmiri選手 vs hiroringo選手との対戦になった。muller選手は惜しくもルーザーズファイナルでhiroringo選手に敗れてしまい本当に悔しそうで見てるだけで辛かった。

グランドファイナルはmiri選手が勢いに乗って確か4-2(4-1?)のスコアで優勝に手をかけた。が、そこからhiroringo選手が巻き返してなんと4-4までもつれ込んだ。ダブルエリミネーションの大会だったのでここでhiroringo選手が勝てばリセットとなり再度5先の対戦となる。
緊張の最終ラウンドを制したのはmiri選手。見事三連覇達成!すげーーーー!!!


いやー本当に面白い大会だった。こういうの見ると高まって自分でもやってみたくなるんやけど帰宅してから大会で使用されてたWeather Typing使って30単語ぐらいやってみたところ正確性は97%とかやったけど速度が平均300kpm台でゴミカスみたいな成績やったw Maxでは500kpm台ぐらい出てたけどこれ以上の速度(大会では遅くても600kpmとかが下限だった)が平均で出せないと厳しいし一年程度の練習でそのレベルまで行ける気がしない。練習という意識を外して遊びで一日一回30単語とかやってみてどれぐらい上達するのかは見てみたいところではある。

帰りにおみやげもらったので帰ってから見てみたらかっこいいキートップのキーホルダーとかリストレストとかQuoカード1000円分が入ってた。東プレさん太っ腹すぎる……;;

f:id:dameninngenn_owata:20191203013146p:plain
▲おみやげ

f:id:dameninngenn_owata:20191203013225p:plain
▲かっけぇ

新しいREALFORCEのキーボードも欲しくなったけど今使ってるREALFORCEが何の問題もなく10年使えてるので買い替え辛い。

f:id:dameninngenn_owata:20191202212551p:plain
▲まだまだ現役のマイキーボード(REALFORCE91UBK無刻印)

来年も開催されるならまた見に行きたいですね。
お疲れ様でした。

f:id:dameninngenn_owata:20191203012644p:plain

2019年4Q見てるやつ

引き続き見てるやつ

  • ぼのぼの
  • ゲゲゲの鬼太郎
  • 機動武闘伝Gガンダム
  • Dr.STONE
  • ヴィンランド・サガ

新しく始まったやつ

  • バビロン
  • 本好きの下剋上
  • 慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜
  • 俺を好きなのはお前だけかよ
  • 旗揚!けものみち
  • BEASTARS
  • アサシンズプライド
  • 放課後さいころ倶楽部
  • PSYCHO-PASS3
  • GRANBLUE FANTASY The Animation Season 2
  • ハイスコアガールⅡ
  • 歌舞伎町シャーロック
  • Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア-
  • ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
  • この音とまれ!第2クール
  • アフリカのサラリーマン
  • フォーカード

TE2+のボタンをGamerFingerに交換する

GamerFingerのボタンを購入したのでメインで使ってるTE2+のアケコンでボタン交換。
レバーは何回も交換してたけどボタンは購入時のものをずっと使い続けていたのでTE2+での交換は今回が初めて。
RAPのボタンは何度か交換してるし"ただのボタン交換"と思ってたけど、意外にハマりポイントがあったので書き記しておく。

パカッとカバーを開けるとこの状態。(画像はいくつか既にボタン交換済み)
f:id:dameninngenn_owata:20191009213010j:plain

ボタンの部分をアップで見てみると
f:id:dameninngenn_owata:20191009213016j:plain

こうなってて1つのボタンに2つの端子が刺さっているのがわかる。
ボタン交換は

  1. 端子をボタンから抜いて
  2. ボタンをアケコンから外して
  3. 新しいボタンをアケコンにはめて
  4. 端子を付け直す

っていうごくごく簡単な作業。

なのでまず端子をボタンから抜こうとするわけですが全然抜けない。他のアケコンだとわりとスッと端子は外れたのであれーおかしいなーと思いながら力を込めて抜こうとしても抜けない。
結論から言うと抜けなかったのは力が足りてなかったわけじゃなくて端子にストッパーがついててそれがひっかかって抜けないようになってたから。
カバーでくるまれてて見づらいが端子を良く見てみると表側と裏側で形が違うのがわかる。

f:id:dameninngenn_owata:20191009213217p:plain
▲上と下に刺さってたのをそのままの抜きで引っこ抜くと表と裏があるのがわかる

上に刺さってたのが図の右側で下に刺さってたのが図の左側。この裏側(内側)に出っ張ってる部分を押しながら引っ張ってやるとスルッと抜ける。
f:id:dameninngenn_owata:20191009213235p:plain

こんな感じでマイナスドライバーを当ててやって引っ張るのが楽。
f:id:dameninngenn_owata:20191009213025j:plain

カバーは思った以上にふにゃふにゃなのでそんなに力を入れなくても大丈夫。マイナスドライバーがなければ爪楊枝の後ろ側とか使って押してやってもいけそう。上側のを抜く場合出っ張りが見えないけどここらへんかなーって適当にマイナスドライバーあてがってやって引っ張ったら大丈夫。

端子が外れたらあとはボタン両脇の部分を押しながら取ってやるだけ。

そして後はボタンをはめ込んで端子付けるだけやけどもう1つだけ注意点がある。
そのままボタンを付けると固定されずスカスカみたいになってしまうので元々ついてたボタンに高さ調節の輪っかみたいなのがついてるのでそれも外して新しいボタンに付けてやる必要がある。

f:id:dameninngenn_owata:20191009213031j:plain
▲透明な輪っかがついてる

f:id:dameninngenn_owata:20191009213037j:plain
▲輪っかを外して

f:id:dameninngenn_owata:20191009213044j:plain
▲新しいボタンに

f:id:dameninngenn_owata:20191009213051j:plain
▲付ける

これでスカスカ感はなくなって良い感じに固定される。と良かったけど若干隙間空いてて完全固定にはならなかった。悲しい。けど実用には問題ないレベル。たまに中開けてボタンが回転して配線が拗じられてないか確認するぐらいでよさそう。

全部装着して完成。
f:id:dameninngenn_owata:20191009213313j:plain

ボタンについてるシールは外しとく。
f:id:dameninngenn_owata:20191012210824p:plain



EVO2019に行ってきた

f:id:dameninngenn_owata:20190904193058p:plain

なんと今年も行ってきました。三年連続です。

dameninngenn.hatenablog.com
dameninngenn.hatenablog.com

今年も移動やホテルは完全ソロで一人旅でした。

渡航までの準備

去年との差分だけ書く。

  • ESTA
    • 一昨年申請したやつの期限が切れるので新しく申請した。なんか前と違ってすぐに承認できなくて72時間前には申請してくれ!みたいなアナウンスが出てたけど数時間ぐらいで承認された。
  • 海外旅行保険
    • 去年と一昨年はクレジットカードについてる海外旅行保険で十分やろと思ってたけど今年は念の為普通の海外旅行保険にも加入した。もうおじさんだからね。備えあれば憂いなし。損保ジャパン日本興亜のやつで一週間3000円ちょいぐらいのやつ
  • 緩衝材(プチプチ)
    • ハンズで1m四方ぐらいのやつが100円か200円ぐらいで売ってたのでそれを買ってアケコンとPS4&モニターを包んでスーツケースに入れた。

持っていって良かったもの

これも差分だけ書く。

個人の日記レベルの感想

渡航まで

今年も一人旅だったので航空券やホテルの手配やらを自分でやった。
割と順調に準備できてたけど渡航の4日前に喉が痛くなって発熱するという事態が発生した。4日もあるし大丈夫やろと思ってたけど治りが微妙で不安になったので一応病院で診てもらった。飛沫感染するようなタイプの風邪じゃないよって言ってもらえたのでとりあえず一安心。喉の炎症を抑える薬とか処方してもらった。

今年も予約するタイミングが若干遅くて行きは成田からになってしまった。もう発表されたらすぐ航空券取るぐらいの勢いやないとあかんね。誰か行くならそれに乗っかりたいとか甘いこと考えてたらこうなってしまった。

あと前日に何か気になってレバー入力のチェックをしてみたらなんと若干壊れてて(斜めにレバーが入りきってないのに入力が入ってしまう)慌ててレバー交換した。ほぼEVO用に三和の着脱式レバーにしてたけどそれが三ヶ月も経たずに壊れてしまって悲しい。でも気付けて良かった。

成田〜ラスベガス

体調もだいぶ回復してたけど前日全然眠れなかったのでこれまた成田エクスプレスで乗り物酔いとかしそうやなーっておもってたら見事に乗り物酔いして死にそうになった。吐く直前の生唾がすごいスピードで出てくるとこまで進行してこれもうあかんって思ったけど奇跡的にリバースせずに成田空港着。

さて今回はデルタ航空でチケットとったけど行きはコードシェア便とかで大韓航空で行くことになった。
チェックイン済ませて手荷物検査やるぞ〜って時にイベントが発生した。


手荷物検査の手前のとこで搭乗券拝見します〜みたいな感じで職員の人が2人ぐらい立ってて、その片方がこんな感じであまりにも突然すぎて何も理解できなかった。人間想定してないことが突然発生すると思考停止して何もできない。

手荷物検査終えて中のフロア入って寿司食って出発待ち。待ってる人達を見るとプロゲーマーの人やら知ってる顔の人達がたくさんいたので一安心。途中まで隣の席にマゴさん座ってたけどああいう場やと話しかけるのもアレやし妙にソワソワしてしまった。

搭乗してひとまず乗り継ぎの韓国の仁川国際空港まで。iPadに雑誌とかコミックとかダウンロードしといたのでそれを読んでた。あとnasneの動画もいくつかダウンロードしておいたので暇を持て余すようなことはなかった。

乗り継ぎもスムーズにいってラスベガス行きの飛行機へ。機内の映画はアリータを観て後はダウンロードしといた動画を見たりひたすらファブルを読み進めた。案の定機内ではほぼ眠れずラスベガス着。

ラスベガス着〜1日目

到着して早速トラブル。事前に購入しておいたプリペイドsimでネットに繋げない!simカードの認識自体はできてるっぽかったけど繋がらない。去年と同じ端末、同じ型のプリペイドsimで安心しきってたのでまさかこんなことになるとは思ってもいなかった。
幸い空港のwifiは使えたしホテルのwifiも使えたので大丈夫だったけど一人旅でインターネットを失うと簡単に死にそうなのでヒヤっとした。
ホテルのwifi使ってサポートに問い合わせメール送ってちょっと寝るかーって思ったら速攻日本語で返信返ってきて(すごい)色々状況の確認とかしてくれた。
結局のところ改善しなくて最終的にサブ端末に挿してメイン端末はサブ端末のテザリングでネットに繋ぐことにした。持ってて良かったサブ端末。

話が前後するけど空港からタクシー乗ってホテルに着。噂になってた大量のバッタの姿は見えない。人類は勝ったんだ!と思ったらホテルのロビーで一匹ブーンって飛んでた。でもその後も見かけたのはちょっとだけだったのでバッタに初狩りされるみたいなことは起きなかった。
素足とサンダルの間にバッタが入ってきて踏んだらやばいって話があってサンダルと靴のどっちで行くか一瞬迷ったけどサンダルを貫き通して結果オーライだった。

チェックイン済ませて部屋に到着。ベッド1台の部屋で予約してたはずやけど何故か2台あったw
sim問題のなんやかんやをしつつ持ち込んだPS4とアケコンが壊れたりしてないか動作確認。今年は何も問題なかった。良かった。
ただホテルのwifiにPS4うまく繋げられんくて(去年はスムーズにいった)四苦八苦したけど結局これもサブ端末のテザリングを使うことになった。別にオンライン対戦するわけでもないしアカウントの認証だけが必要だったので事足りた。

記憶が曖昧やけどちょっとだけ寝てホテル内のフードコートで軽くバーガー食べてカジノ行ったりトレモしたりしてこの日は終了。といってもラスベガスにいる間まとまった時間眠れなくてこまめに睡眠とってたせいで1日の境目みたいなのが曖昧でこの日はこれで終わりみたいな感覚があまりなかった。

2日目

準備日。出発前に引いてた風邪がぶり返したのかノドが痛くなって体温も上がってる感覚があったのでお薬飲んだ。この日はまだマシだったけどこの翌日完全にぶり返してめちゃめちゃ辛かった。

この日は特に観光の用事もなくゆっくりする日だったのでカジノで凡さんがスロットと戦ってるって聞いて様子見に行くとかして楽しんでた。ラスベガス観光基本的にバスとか車で長時間の移動が必要になってくるので乗り物酔い全一のダメ人間さんにはとても厳しいのである。

昼飯はUber eats使っておいしいと噂のサンドイッチを買ってきてもらった。ホテルの部屋まで届けてくれんのかなって思ったけど車停められんから表まで出てきてくれって言われて受け取りにいった。チャットでコミュニケーションとれたからよかったけど到着時にめっちゃ電話かけてきてかなり焦ったw
サンドイッチはあんまりおいしくなかった。

f:id:dameninngenn_owata:20190904201318p:plain
▲サンドイッチ
f:id:dameninngenn_owata:20190904201407p:plain
▲パカッ

その後EVOの会場まで歩いて無事チェックイン。

夜はルクソール内の健全なストリップショーを観た。割と評判良かったから観に行ったけど去年観たブルーマンショーのほうがまだおもしろかった。感性は人それぞれやからね。

翌日からもうEVO始まってしまうのである程度まとまった睡眠とりたかったけどやっぱり眠れなくて2時間ぐらい寝て軽く飯食って会場に向かった。

3日目(EVO初日)

風邪ぶり返しピークでめちゃめちゃ辛かった。周りに被害を撒き散らすタイプの風邪ではなかったのが救い。
いざ会場へ。

今年はセキュリティチェックが強化されてその影響で入るまでにめちゃめちゃ時間がかかった。昨今荒れた事件も起きてるので厳しくチェック入れるのは本当に大事やしありがたい。レイアウト自体は去年とあまり変わってなかった。


いやーこのEVOの雰囲気ほんとすごい好きで着いてからずっとワクワクしてた。

現地で知り合いと合流したり対戦台で軽く野試合をして試合開始の10時を待ってた。
今日はストVとサムスピ、そしてサイドのアルブラで出る予定だった。が、なんかおかしい。試合開始の10時が近づいても同じプールの有名な選手がまだ現れない。あれれ〜?って思ってたら完全に日付間違えてて俺のストVは2日目の10時からだった。1日目の10時ではない。
いやーーーーずっと勘違いしてて無駄に緊張してたのが完全に脱力したw でも間違え方が逆じゃなくてよかった。

その後14時からアルブラの予定でそれまでは知り合いの応援とかで色々動き回ってた。
アルブラは記念参加みたいなもんだったけど初戦外国人でさすがに負けんやろーって思ってたらめっちゃ強くてストレート負けした。結局その人はかなりの強豪だったみたいで同じプールの強豪日本人も倒してウィナーズでTop8だかTop16まで進出してた。
ルーザーズに落ちた後の対戦はまた外国人でこれは負けられんなーって思ってたらフルセットフルラウンドで爆死したw 最後相手がコンボ落としちゃったんだけど負け確信してノーガードで補正切りになってしまったw

アルブラ終わって次のサムスピまで2時間ぐらい時間空いてたけど体調が破滅してて少しでも仮眠とりたい気持ちだった。
でも1時間だけ寝るとか言って起きられたためしないしせっかくラスベガスに来て寝坊で不戦敗とかありえん、でもこのままだと体調が破滅して死ぬ。っていう詰んでる状態やったけど現地で合流したフクシさん(去年仕事でアメリカに引っ越しした)が17時になったら電話して起こしてくれるってことだったんでお願いしてちょっとだけ仮眠した。実際はすぐには当然眠れなくて1時間も寝れなかったけどちょっとの仮眠でだいぶ楽になった。ありがとうフクシさん。というかEVOの期間中フクシさんがいたことによってめちゃめちゃ助けられたので感謝したい。

そして18時からサムスピ。そこまでのガチ勢ではないけど多少自信はあった。実際現地の対戦を見てると外国人相手ではほぼ負ける気がしなかった。
いざ対戦。1セット目の十兵衛は完全に処理して2セット目相手がキャラ変えてヨシトラ。これも処理ムードだったけど色気出して直ガとか頑張ろうとしてたらゴリゴリ削られて逆転。3セット目中段択と投げ食らいまくって焦って投げにいったとこ狩られたりであまりにもテンパってフルラウンドまでもつれ込んだ。
最後お互い怒り爆発状態で中斬りでも当たったら死ぬみたいな状態。バクステしたつもりが斜め方向に入力入っててまさかの後ろジャンプ。ハイ一閃〜〜〜。死〜〜〜〜〜。言い訳じゃないんすよ、本当にバクステしたんです!あの状況でジャンプするほどバカじゃないんです!信じて下さい!!!つら……対戦後相手が笑いながら「ジャンプには一閃があるんだよ^^」みたいなこと言ってきて完全に煽られてる気持ちになった。わかっとるわ!

というわけでルーザーズ落ち。まわりの知り合いが全員プール抜けしてたしプレッシャーでゲロ吐きそうになりながらルーザーズ泳ぎ始めた。
その後のルーザーズの対戦は全く覚えてない。ルーザーズファイナルがタムタムだったことだけ覚えてる。
こまいミスを死ぬほどやってしまったけどとりあえずルーザーズで最初のプールは抜けられた。本当に良かった。。
あと海外勢は武器飛ばしして武器を画面から消せる状況でも消さないこと多いみたいで逆に俺とか日本人が武器を画面から消す動きすると「oh……」ってめっちゃ苦笑いするのが印象的だったw ギャラリーも「オイオイ、ジャパニーズサムライマジカ?」みたいな雰囲気になるけど気にせず容赦なく武器を消した。これが武士道や!

その後続けて第2プールの試合。トントントンと勝ち進んで第2プールのルーザーズファイナルへ。
対戦相手は最初に対戦して負けた相手。リベンジチャンスが来たよ。しかも配信台!

相手は最初からヨシトラ。ただ前回と違って落ち着いて処理気味に対応できてたと思う。
あとこれめっちゃ大事なことやってんけど、今年は対戦台にヘッドホンが備え付けられてなくて自分で持ってきたイヤホンなりヘッドホンを使わないといけなくなっててそれがないと音はほぼ聞こえず多くの人は音が聞こえない状態で対戦してた。んで、特に俺は音がないと対戦の質が落ちてしまうことを自覚してるのでそれも多少なりとも影響してた気がする。
配信台には幸いにもヘッドセットが置かれていたのでちゃんと音が聞こえる状態で対戦できてそれが功を奏したんやと思う。ただそういうレベルじゃないミスを連発してしまってこれが配信台で流れてるのかと思うととても恥ずかしい気持ちになったw

f:id:dameninngenn_owata:20191001103240g:plain
▲弧月斬が出ない1
f:id:dameninngenn_owata:20191001103336g:plain
▲武器飛ばし技が出ない
f:id:dameninngenn_owata:20191001103409g:plain
▲弧月斬が出ない2
f:id:dameninngenn_owata:20191001103432g:plain
▲弧月斬が出ない3
f:id:dameninngenn_owata:20191001103544g:plain
▲先行入力ダッシュすら失敗しとる……何してるの……

2戦の中でこんだけミスるなんて初めてやったし自覚してなかったけど結構緊張してたんやろな。そういうことにしとこう。
とにかく結果無事リベンジ成功して第2プールも抜けて翌日の第3プールへ進出。良かった……
対戦後相手がまた話しかけてきて「覇王丸にはシャルロット出すべきだったよ。シャルロットだったらなー。カーッ」みたいなこと言ってきたけどただただニコニコして受け流した。

その後サイドトーナメントのファイターズヒストリーダイナマイトを見にいったらケンちゃんが優勝してめっちゃ盛りった!!!

その後みんなで肉食いに行って軽く買い物してホテルへ戻った。

4日目(EVO2日目)

また2時間ぐらいしか眠れんかったけどちょっとノドが痛いかなぐらいのレベルまで体調が回復してて助かった。

今日こそはストV!ってことで気合い入れて早めに会場に到着して(イヤホンも忘れずに持ってきた)野試合で対戦することに。
今年はエントリーしてないけど来年はエントリーするよーって言ってた陽気な外国人のベガ使いと数戦対戦。
その後フクシさんと対戦してたら違う外国人の人が近くに来たのでやろうぜって対戦した。
この人が結構強くてかりんとネカリ使ってたけど5分か負け越しぐらいの対戦だった。プール抜ける前にこんぐらい強い人と当たったら嫌だなーと思いつつ時間が来たので本番へ。

初戦はコーディ。サクッと勝って相手がキャラ替えするもそれにも勝って次へ。
2試合目はファン。結構動いてるファンだったので(スパダイぐらい)若干不安だったけどなんやかんやで勝ってウィナーズファイナルへ。
ウィナーズファイナルは配信台。しかも相手は不戦勝からの不戦勝で何のキャラ使うかの情報も全くなし。でもまぁいけるやろって思っていざ対戦。

配信見た人ならわかると思うけどもうめちゃくちゃ動き悪くてミスもたくさんして、あげく相手のパなしを高確率で食らうみたいなことやってて顔面ブルーレイ。配信台で緊張してたってことで多めに見てくだしあ……
落ち着いて処理すれば難なく勝てる相手だったと思うけど(一生小足で暴れてたし、不利フレームのあとも動いたりしてたし、パなしポイントでほぼパなしてきてたし)苦戦してなんとか2-1で勝利。ウィナーズでプール抜け!これは嬉しかったけど勝ち方に納得いってなかったのでずっとモヤモヤしてた。

f:id:dameninngenn_owata:20190904214944p:plain
▲Dameninn選手〜〜〜

ストVの第2プールまでにサムスピの第3プールの試合があったので移動。
サムスピの対戦相手はほーちゃん。身内での潰し合い。。ストレートで猪鹿蝶されてサムスピout;;ベスト32ぐらいまでは行きたかったからちょっと残念だった。

f:id:dameninngenn_owata:20190904223315p:plain
▲サムスピは1792人中97位タイでフィニッシュ

気を取り直してストVの第2プールへ。トラッシュボックスさんとの対戦。
完全に格上だけど勝算がないわけじゃないし、戦う前から負ける事考えるバカいるかよ!ってことで勝ちにいった。
普段何回かオンライン対戦で当たることあるけどその時の動きとは違って大会用の動きっぽかった。そして俺のこと完全に舐めてかかってたと思うので(手裏剣で確定とれる状況でVスキル使うとか)確定とかスカ確とってなんと1試合先取!まさかの展開で俺が一番驚いてたと思う。強Pのスカに手裏剣決められたの偉かったし画面端からの脱出前ジャンプめくり攻撃を揚げ面で落として死ぬ体力だったので着地シミーとったのも偉かった。

2戦目はガーッとやられてしまった気がする。そして3戦目割とちゃんと動けてたと思うけど若干動きに精彩を欠いてたかも。お互い1ラウンドずつとって最終ラウンド。負けてしまった。。どんな負け方したかも忘れてしまった。
いやーーーーーーーーーーーワンチャンあったなー。最初に1試合とれたのマジでかかったけどそれを生かして勝ちきることができなかった。残念。
近くにいたMOVさんが見ててくれたみたいで対戦後「おしかった〜」って声かけてくれて嬉しかったと共に余計に勝ちたかったなーって悔しかった。

失意のままルーザーズへ。ルーザーズの試合進行してる島付近に朝野試合で対戦したかりんとネカリ使いの外国人の人がいてオヤオヤ?って思ったらルーザーズプールの上のブロックで残ってるみたいだった。
これお互いルーザーズ抜けたら次の試合で対戦することになって激アツ展開やんけ!って思って絶対に勝ち抜けたくなった。

気合いを入れ直してルーザーズ、相手はバルログ。ステージ選択で金網ステージ出てやり直しw 結構苦戦したけど忍者パワーで撃破。
次はバーディ使いの人。バーディ対策はトラッシュボックスさん想定で色々やってたから今更慌てるようなこともなかったけどタイプが違ってやってくる感じでだいぶ面食らってしまった。1試合先にとられてしまったけど対応できたりうまく噛み合ったりが重なって勝ち越した。このバーディーの人が96cafeさんだったことに帰国してから気付いた。エントリー名も違ったし言葉も交わさなかったから全く気付かなかった。気付いてたらもしかしたら動き固くなってしまった可能性もあるので気付けなくて幸いだったと思う。

対戦後さっき対戦したバルログの人が「バルログだとバーディ相手無理だけどいぶきはバーディにいけるから君が私に勝ったのは正しかったんだよ。おめでとう!」みたいな事言ってくれてなんて爽やかな人なんだって感動した。
あと最初に野試合で対戦したベガ使いの人もずっと試合見てくれてて「You are strong!Fuhhhh!」ってめっちゃテンション上がって応援してくれててめっちゃ嬉しかった。毎年EVOでの対戦は一人でやってて相手の応援団に圧倒されたり孤独に対戦してたけど今年はこうやって声かけてもらったりフクシさんが見てくれてたりしてマジのマジで助けられた。去年も書いたと思うんやけど俺のメンタル結構こういうのに影響されやすくて今年もしフクシさんがいなかったりあの応援してくれてた外国人の人がいなかったらここまで勝ち進めなかったと思う。本当に。

ルーザーズ勝ち進んであと1勝で第3プール進出ってとこまで来た。かりんとネカリ使いの人もルーザーズファイナルまで勝ち進んでる。これはもしかしたらもしかするのでは?次の対戦相手は?Sabin……元全一ダルシムやんけ。。
いやでも最近ダルシム戦だいぶやれるようになってきたし(いぶき有利だが苦手)なんとしてでも勝ちたい。勝ちたいんや!勝ちたかったんや……負けました。
最初はいけるか?と思ったけど途中でSabin側が気付いてこいつ知らんな?って判断して処理モードに突入してそれに対応しきれず負けた。完全によくない負け方をしてしまった。
かりんとネカリ使いの人も最後セロブラストに負けてた。残念。

129位タイでストVは終了。お疲れ様でした。

f:id:dameninngenn_owata:20190904223505p:plain
▲1951人中129位タイ

あとで知り合いからのmentionで気付いたところなんとCPTポイントを5ポイント得たことがわかってめっちゃ笑ってしまったw
スーパープレミアの大会なのでポイント大盤振る舞い。

f:id:dameninngenn_owata:20190904223817p:plain
https://capcomprotour.com/player/?player=37882&lang=ja

自分の対戦が全て終わったのであとは気楽に観戦。
サムスピの決勝はめっちゃ盛り上がったしインフィルが優勝してすごかった。

f:id:dameninngenn_owata:20190904224806p:plain
▲インフィルおかえり

疲労困憊だけどラスベガスの人気ラーメン食べてみたかったのでフクシさんに連れてってもらった。
移動はタクシーじゃなくてUber。Uberめっちゃ流行ってるみたいでタクシーと同じようにホテルにUber乗り場はこちらみたいな看板も出てるしすごい。
スッと呼べるし安いしアプリで決済するから直接お金の受け渡ししなくていいしチップもアプリから払えるので気に食わない運転手だったらチップ払わないみたいなムーブも出来て不慣れな環境客にとっては特に最高っぽかった。ただ今回の旅で合計3回Uberで配車して乗ったけどどの車ももれなく芳香剤みたいなやつつけてて乗り物酔いマンには結構厳しかった。

そんなこんなでEVO2日目も終了。


5日目(EVO最終日)

この日も浅い睡眠から覚めてまだ深夜帯だったのでふらっとカジノ行って遊んでたら死ぬほど酔っ払ったBBTAG勢の人からビールもらったりしてラスベガス〜って感じだったw
その後部屋戻ったけどまだ決勝トーナメント始まるまでは時間あったので部屋でぐだぐだしたりフクシさんとオフ対戦したりしてた。
良い感じの時間になったので決勝トーナメント会場のマンダレイベイのコンベンションセンターに向かった。途中でメキシコ料理屋入って飯を済ませた。

f:id:dameninngenn_owata:20190927213838p:plain
▲メヒコバーガー

会場のレイアウトは去年と同じ。他の知り合いと合流しようとしたけどその周りの席が埋まってて厳しいとのことだったので離れたとこに座った。去年もそうだったけど斜めから観るより正面から観たほうが首も痛くならなくて良かったので今年も正面側に着席。
到着するとBBTAGが終わりそうなぐらいで本命のストVは割とすぐ始まった。


なんやかんやあって圧倒的強さでボンちゃんが優勝して終わったw マジ強かった。

次は鉄拳。Top8に日本人4人残っててすげーって思ってたけどやっぱり気になったのはAshとKnee。
Ashに勝って欲しいなーと思いながら観てたら結局グランドファイナルはAsh vs Kneeになった。

f:id:dameninngenn_owata:20190927214110p:plain
▲最高に盛りったAsh vs Knee

納得の強さでAshが優勝。完全に主人公だった。映画化決定!

f:id:dameninngenn_owata:20190927214502p:plain
▲Ash優勝!!!

鉄拳のあとはスマブラがあったけど体力も限界にきてたので会場を後にした。今年もマジでおもしろかったー。
現地では休憩時間に観客を楽しませる用にリーサルYES/NOクイズとか鉄拳スロー演出でどっちが勝つでしょうクイズとかが行われたりして俺は結構楽しかったw

f:id:dameninngenn_owata:20190927214842p:plain
▲ワンピー!トゥーピー!と叫ぶ観客たち

飛行機が早朝出発だったので荷物をまとめてから少し仮眠をとった。
起きてホテルをチェックアウトして空港へ。帰りはUberで配車したので安く済んだ。タクシー使う理由ほぼないのでは?という気持ちに。
日和って早めに出たせいで空港に着いてもチェックインカウンターに人が誰もいなくて1時間ちょいぐらいロビーで待ってた。
出発2時間前ぐらいになって人がやってきて荷物を預けて保安検査場へ。保安検査場の前は長蛇の列。なのでまぁ万が一を考えて早めにスタンバってたのは正解だった。検査は問題なかったけどなんか通った後も荷物がどんぶらこされてこなくて(詳しく調べますねレーンに乗ってた)めっちゃ待たされた。俺のちょっと前のほうで並んでたチームYAMASAのユウさん(ファンです)もアケコンが検査にひっかかっててもう時間ないのにやばいってなってて大変そうだった。

通過後は時間に余裕があったので適当にバナナ買って食ってまったり本読んで時間潰して搭乗。


6日目

ロスで乗り継ぎ。乗り継ぎがちょっと離れたとこのターミナルでバスで移動しないといけなみたいになったけどそこも長蛇の列で時間がやばい勢がひたすらクレームしてて空港の人めっちゃ大変そうだった。その混乱の中一人で判断して行動しないといけなかったのでちょっと心細かったがトラブルなく乗り継ぎ先のターミナルに到着した。次の出発まで4時間ぐらい?あったので寝てしまわないか不安だったけど問題なく乗り継ぎ成功した。

そして無事に日本着。お疲れ様でした。

おわりに

今年も一人旅だったし体調も悪かったので色々心配事とかはあったけどやっぱりEVOはめちゃくちゃ楽しかった。
結果もそんなに悪くなくてCPTポイントももらったので満足っちゃ満足やけどやっぱりもうちょい勝ちたかったので悔しい。
あと去年と比べて今年は2日目も夕方ぐらいまでがっつり対戦があったので疲れがすごかったけどEVO本戦としては今までで一番楽しめた。

それではまた来年会いましょう。

FF12クリアした

2000年〜2010年ぐらいまでコンシューマーゲーム一切やらなかった期間があったのでそれまで必死こいてやってたFFシリーズやドラクエシリーズもその期間に発売されたものは全くやってない。
その期間に出たおもしろいゲームはいつかやりたいなーとは思っていたものの、当然おもしろいゲームは毎年発売され続けて今を生きる人間としてはそれをやらないといけないので過去作をやる時間の余裕は中々とれなかった。
近年は特に時間があれば格ゲーの練習に費やしたいみたいな気持ちが結構大きかったりしたので余計に過去作をやろうみたいな気持ちにはなれず2019年までずるずる来てしまった。

んで今年のEVOが終わって格ゲー疲れがどっと出てしまったのを期にウォー過去作やるぞ!って気持ちになってFF12をやることにした。

FF12は2006年にPS2用ソフトとして発売され、2017年にHDリマスター版としてFF12ザ ゾディアック エイジがPS4用ソフトとして発売された。
なのでせっかくだし俺はこの新しいほうを選ぶぜ!ってことでPS4のFF12をやった。

全モンスターと戦わないといけないトロフィーがあったりクリア後の要素も結構多くてだいぶ時間かかった。
ガンビットシステムがおもしろかったしリマスター版ならではの倍速プレイもあったからそんなにストレスも感じなかった。楽しかった。

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ - PS4

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ - PS4

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ - Switch

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ - Switch

ストーリーはFFシリーズにしては(?)めちゃめちゃシンプルだった。でも数年経てばストーリーとか忘れてしまうこと多いので簡単にメモっておく。ネタバレも含む。




  • 世界観は帝国とその他諸国があって帝国がオラついてる雰囲気
  • 主人公の兄が兵として帝国にウォーってやりにいったけどなんか付いてった偉い人が裏切って自分の国の王様を殺す
  • 兄は口封じにバッサリいかれて数年後とかに死亡。弟が許せねぇみたいな気持ちになる。
  • 弟は空賊ってやつになりたい夢見がちな若者でなんか成し遂げるぞ!!!みたいな感情で王宮みたいなとこ忍び込んで盗みを働こうとする。
  • そこで同じもの盗みにきてたバルフレアとばったり出会ってなんやかんやでトラブって一緒に脱出。
  • 死んだと思われてた王女もなんやかんやで合流して一緒にもろもろ行動しだす。
  • 王女の国は帝国に滅ぼされてるけど王家の証とかで近隣諸国の力も借りながら認めさせて国を復興させるやで。
  • でも帝国がめっちゃ邪魔してくるしなんかすごい石の力があーだこーだで色んなとこへ行ったり来たり。
  • しまいには神様みたいな上位概念の存在とか出てきてそいつらの中の異端児が帝国の人間に手を貸してなんやかんややってたやで。
  • すごい力で帝国に復讐もできたけどそんなんしても死んだフィアンセは喜ばんしなー、すごい力とか全部ぶっ壊して健全な人の世にするぞ!
  • てかもう解放軍と帝国がドンパチやってるやんけ!ちょっと止めてくるわ!
  • 止めたったわ!うちの王女さんと帝国の若き王も戦争終わりやって言ってるしみんなやめやー。ウォー、戦艦が墜落するー逃げろーーー。
  • バルフレアーーーーーーー
  • 数年後、生きとったんかワレーーーーーー。俺たちの冒険はこれからだ!!!END