Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ダメ人間軟膏

もうほんとダメ人間('A`;)

将棋 - 基礎1

将棋

ヒモをつける

ヒモをつけるとは単独で浮いている駒に別の駒で連絡をつけて守ること。
例えば歩の真後ろに金がある状態はヒモがついてる状態。歩をとられても金で歩をとった駒をとることができる。

駒をタダで取らせないようにということが将棋においては大事。

ヒモをつけることによって駒をとられても取り返して、駒を交換したという結果になる。この駒交換でもなるべく損をしないようにしないといけない。歩をとったけど飛車をとられたということがないようにしないといけない。

どのような場面でもヒモをつけること、ヒモがついていることを意識して指すことが重要。

攻める時は相手のヒモがついてないとことかヒモの連携が弱いとこを探して突くのがいいかもしれない。

駒損しないようにする

小さい駒(歩とか)から攻めると駒損しにくい。失敗してもリスクが小さいので小さい駒から攻めていくのが良い。